2015-10-05

快晴の中の日本祭り2015


昨日の日曜日はジュネーブ(カルージュ)で日本祭りが行なわれました。天気予報はあまりよくなかったけど、朝から1日中快晴で絶好の祭り日和でした。

昨年はなかった紙提灯のオブジェがなかなか素敵でしたよ。


正面から見ると、手前の噴水(だと思われる)に提灯が反射してより綺麗、なはずなんだけど、バックグラウンドにあるサインが邪魔で残念でした。


昨年とは逆向きに撮影してみた入口の垂れ幕。これはまだ準備段階の様子なので、嵐の前の静けさといったところです。


今年は昨年より時間が短く、昼の12時から夕方の6時まで。上の写真もスタート前の食の屋台の様子なのでまだまだ余裕がある感じですが、開場後は去年同様長蛇の列が出来上がっていました。特に人気なのはお好み焼きの屋台だったかと。

左側にある写真の「弥勒米」は広島産の減農薬米だそうで、小さめではありましたがおにぎり1個が1スイスフランとお値打ち価格だったのでいただきました。シンプルな塩むすびだったけど、ふっくらした美味しいお米でしたよ。炊きたての試食までいただいちゃいました。


さて写真展の方ですが、今年は先にも書いたとおり、開会時間が短かったからか人の入りが集中して、写真の前に人だかりが出来る時間が長く、写真をゆっくり見ていただく時間があまりなかったように感じました。通路の壁際に展示していることもあって、気付かない人も多く、写真にもたれかかったりするもんだから、何度背中を触って注意したことか。

それでも昨年購入していただいた方もまた何名か見に来てくれたり、声をかけてくれた方はみな一様に気に入ってくださったようでありがたかったです。11月からニヨンのレマン湖美術館で開かれる写真展のフライヤーがちょうど直前に刷り上がったので、それを配布することができたのもよかったです。

日本祭り自体はお天気に恵まれたこともあって、多くの人出があり、今年も大成功だったのではないでしょうか?(って私は主催者側でもなんでもないけど) 主催者やたくさんのボランティアの方々、出店者の方々、みなさんお疲れさまでした。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
まだ2度目の参加だけど、日本祭りの日は暖かく過ごしやすくなる吉日なのかと感じたのは私だけ?
クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1