2014-10-06

日本祭りの週末


先日、当ブログでお知らせさせていただいた日本祭りでの写真展が無事終了しました。
土曜日の朝から搬入・設置をして昼にはそれも終了。事前の準備をしていたおかげでスムーズにできました。


これが屋内会場となる「Salle des Fetes」。カルージュ市のホールはデザイン的にも素敵なホールです。


会場の外の通りの商店には全てカタカナで店名が書かれた半紙が飾ってありました。これも日本祭りの一環のようです。提灯も至る所に飾ってあって、こちらのヨーロッパ建築と日本のオブジェのおもしろい融合が見られました。

土曜日は開会の挨拶と鏡開き、日本舞踊と歌の会による日本やスイスの歌の披露がありました。ひと月前の隣町での写真展でも来てくれて、本まで購入してくれた女性がまた訪れてくれ嬉しかったです。かなり日本がお好きとのことで英語も話せる方なのでいろいろ話すこともできました。


日曜日は昼過ぎまでは快晴で暑いぐらいでした。基本、写真の横にいたのであまりお祭り自体を楽しむことはできなかったんですが、昼ご飯を食べようと食べ物屋台の方へ行くと、長蛇の列ができている屋台もあり、大きなテント下に用意されたテーブルも満席。周りのベンチもいっぱい、と大盛況。

私たちは気軽に食べられそうなチューリッヒから参加の日本のパン屋さん「Hiro Takahashi」でいくつかパンやシュークリームを買って歩きながら、そして写真の横で立って食べました。懐かしい味のパンばかりでとても美味しかったです。ジュネーブの日本食材店「うちとみ」と「内野」でも販売されているのでまた買ってみよ。


これは土曜日に設置した後の写真展示の全体像。


来場者は日本好きな人が多いこともあって、多くの人々に写真を見ていただくことができありがたい限り。写真を見て、感情移入される方もいて、面白い感想を聞くこともできたし、写真展を通じて新たな出会いがあったりと実りの多い展示会となりました。ここで写真展をする機会を与えていただいたことに感謝です。

写真展以外の写真がなくてお祭りの様子が伝わらず申し訳ないですが、コスプレコンテストなどもあり、新しい日本のカルチャー好きな人も多くいるんだなと実感。アニメに疎い私にはセーラームーンのコスプレしかわからなかったけど。

ヨーヨー(水入り風船)や綿飴、浴衣姿の男性・女性などを眺めていて、日本のお祭りや縁日らしいな、とカルージュにいながら日本を感じられる祭りでした。入場者数は数えるのも大変なぐらいな人手だったのでは?と推測します。

夕方に雨となってしまいましたが、予報より振り出しは遅かったので悪くなかったと思います。いいお祭りで楽しい週末を過ごすことができました。




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
物理的に無理だったけど、うちの愛犬かなちゃん(柴犬)を連れて行ったら人気者になっただろうな〜。(親バカ?)
クリックしていただけると嬉しいです♪ 

2 件のコメント:

  1. 日本祭りに写真を掲載していたのですね!
    私は友人とのお喋りにかまけて 会場の中は
    しげしげ見ませんでした。
    事前に知ってたら ちゃんと見たのに残念です。
    カルージュの電車通りのお店は日曜日にも開いていて
    カタカナで店名がありました。
    これ、友人の元・ご主人が書いたのです。
    上手なのと 少々下手な字が混じって
    友人と苦笑いしました(笑)
    私のブログ最初の新聞の歓迎の文字も彼です。

    返信削除
    返信
    1. 加代子さん、コメントありがとうございます。

      カタカナ店名と新聞の題字はお知り合いが書かれたんですね。あれだけの店名を書くのは大変だったでしょうね〜。店名をカタカナ書きするとは面白い企画だなと感じました。

      日本祭りでご友人と再会できてよかったですね。祭りは人が集うところなので人との出会いも楽しみの一つだと思います。私も友人と会えたり、新しい出会いがあったりと楽しめました。

      会場では舞台で何か行なわれている時は写真の前に人だかりができたりしていたので、思いっきり隠れてしまう時間帯もありで少し残念だったりもしましたが、多くの人に足をとめていただけただけでもありがたかったです。

      削除


UA-68325954-1