2014-09-24

沖縄グルメと夏旅インデックス


6月の日本旅行記、いよいよ最終回です。9月も下旬となり、沖縄の海を見ると季節はずれ感が半端ないですが、それにしても綺麗だった沖縄の海。

ここは沖縄本島最北端の辺戸岬(へどみさき)。天気がよかったので、与論島(鹿児島県)もよく見えました。沖縄も縦に長い県だけど、鹿児島も範囲が広い県ですね。


こちらは前回もご紹介した識名園内の熱帯雨林のような箇所。ジメジメと蒸し暑いけど、なぜか心癒される庭園でした。沖縄全体がそんな雰囲気を持った土地でした。

旅の前に沖縄のカフェをチェックしてはいたんですが、カフェに入りたい時には使えないリストで、結局行き当たりばったりで入ったお店ばかり。でも結構当たりが多かったです。


こちらでもお話した「備瀬のフクギ並木」のすぐそばにあるカフェ。風が強かったので外のテラス席には座りませんでしたが、ビーチの真ん前という絶好のロケーションです。ティーポットやティーカップはバリ風なのもいい感じだし、インテリアも素敵でした。シーサーに迎えられたのも嬉しかったし。

Cafe Cahaya Bulan
国頭郡本部町備瀬429-1



こちらのカフェも運転に疲れていた時に偶然発見したカフェ。エコやスローフードにこだわったカフェと宿泊施設も併設していて居心地のいい場所でした。頂いたジンジャーエールとレモンジュースも地元でとれたオーガニックのもので暑い最中に飲んで疲れがとれる味。オーナーの女性も素敵な方でした。

カナンスローファーム(Canaan Slow Farm Cafe&Eco Stay)
国頭郡東村平良863-2
http://slow-farm.jpn.org



最後の晩餐に訪れた那覇市内のレストランは天然石の石焼料理店。手際のいいアルバイトさん(おそらく)がてきぱきとあれこれ焼いてくれ、どれも美味しかったですが、特にオーダーしてから炊いてくれる銀シャリが叫びたくなるほど美味しかったー!沖縄料理ではないけど、最後に「和」料理を楽しめ、名残惜しさが倍増しちゃったのは言うまでもないけど、お店を出る時にこの銀シャリで作った小さなおにぎりをサービスしてくれる心配り。日本って素晴らしい!

石焼 石庵(いっしゃん)
那覇市久茂地2-18-16 OCNビル 1F
Tel: 098-941-2377(食べログをご参考に→


沖縄で3泊したホテルはこちら。


コスタビスタホテル。
沖縄の物価は本州より少し安いけど、観光がメインということもあり、ホテルは値段が高め。これがずっと沖縄から遠ざかっていた理由のひとつでしたが、こちらはリーズナブルな価格で部屋も広く、ヘルスコンシャスなホテルでとてもよかったです。朝食ビュッフェで玄米があったのも私の中では高得点。もちろん他にもヘルシーなメニューが並んでいました。沖縄では外ご飯でも玄米を提供するお店に当たることがあり、ヘルシーさを意識しているのかな?と感じました。

こちらのホテルではアロママッサージも受けました。圧のしっかりしたマッサージで旅の疲れもとれ、いい気分にもなれました。久しぶりのマッサージは本当に気持ちよかったです。

ただひとつ難点はホテル内のレストランの閉店時間が早いこと。マッサージ後に夕食をとろうとしたらバーラウンジしか開いてなかったのは残念だったかな。

ホテルはビーチにも近くないし、プールもないけど、その代わりにスパ施設が充実してるようです。時間がなくて利用できなかったのが残念ですが。


沖縄ホテル コスタビスタ
中頭郡北中城村喜舎場1478
Tel: 098-935-1500
http://www.costavista.jp


話が飛びますが、


この「石敢當(いしがんとう)」という石碑を沖縄でよく見かけました。wikiによると魔除けの石碑でT字路や三叉路でよく見かける、とありますが、確かにそうだったような。シーサーも魔除けのために置かれているわけで。沖縄では伝統が受け継がれているんだな、と感じました。



沖縄最終日は翌日のフライトがかなり早かったので那覇市内のゆいレールの駅近くのホテルに泊まりました。これは始発のゆいレール。那覇空港までつながっていて便利です。


さて、長々と日本旅行記をつづってきましたが、何かお役に立てる情報を提供できたのなら幸いです。


2014年6月西日本夏旅インデックス





最後まで読んでくださってありがとうございます。 
18エピソードも書いてたのね私。さっさと書き上げれば長く感じなかったかも?次回への反省点です…。
クリックしていただけると嬉しいです♪
 

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1