2014-08-28

夏の終わりの写真展 in ネルニエ


この頃は日が短くなり、天気も変わりやすく、そろそろ夏も終わりといったところです。


最初の2枚の写真はうちの町の役場前とその横の教会前の花飾り。ちょっとやり過ぎ感がなきにしもあらずだけど、夏を忘れたくないという思いが感じられる作品のような気もします。


さて、本日から夫の写真展が隣町でスタートしました。
昨日と今朝で搬入などなどを済ませ、午後からオープン。夏休み期間とはいえ、平日の午後どんなもんかいな?と思ってたけど、思いの外たくさんの人が来てくれ、温かいコメントをいただけました。

日本人の友人も早速かけつけてくれ嬉しかった〜。


この写真展は「水鏡」をテーマにして、水辺の写真を40余点展示したもの。この夏に日本に帰った際に書道の師範である叔父にお題を書いてもらい、それを会場にも飾らせていただきました。


写真展用に作成した写真集の裏表紙にも使用させていただいてます。

写真は日本で撮影したものばかりではなく、各国で撮影した水に関連した作品が並んでいます。お近くの方でお時間のとれそうな方々はぜひご来場ください。9月3日まで続いています。(こちらのリンクをご参考にしてください→






最後まで読んでくださってありがとうございます。 
明日の午後6時からはオープニングパーティーです。うまく立ちまわれるかちょっと緊張しております。。
クリックしていただけると嬉しいです♪

2 件のコメント:

  1. こんにちは!
    ご主人様の写真、素敵ですね。水辺がテーマですか。
    国が違えば、水の表情も違うのでしょうね。
    叔父様のお題もすばらしいです。
    町役場前のお花、季節にぴったりの
    カラーになってるんですね。
    やりすぎなんて・・・こちらでもやりすぎる位
    飾って欲しいくらいですよ(笑)

    返信削除
    返信
    1. あんこさん、こんにちは。
      写真、そして書道、お褒めいただいてありがとうございます。今回出品している作品の半分は実は日本で撮影したものなんです。日本の水辺とこのあたりの水辺では湿度の違いを感じますね〜。でも感じ方は人それぞれなので。来てくださるお客様もそれぞれ違った感想を持たれていて面白いですよ〜。

      役場前の花もやりすぎというのは私の個人的な意見で、、、。笑
      日本はこちらのまねをするのでなく、日本らしい飾り方をしてほしいな、とこれも個人的には思ってます。

      削除


UA-68325954-1