2013-11-09

ジュネーブの美味しいお茶カフェ2軒


これからの寒い時期はやはりインドアでの活動が増えがちですよね。
出かけた時もお気に入りのカフェでのんびり美味しいケーキなんぞ頬張りたい!水曜日のジュネーブでの時間はまさにお茶、お茶、そしてお茶でした。その中の2軒をご紹介します。

こちらは少し前にお友達に教えてもらったカフェ。その時はランチ前だったので、ケーキに魅かれつつキッシュをいただきました。


ちなみにお皿は小ぶりです。そんなに大きなキッシュじゃないですよー。でもキッシュってお腹が膨れませんか?この時、ケーキが食べられなかったので、今回はランチ後に行きました。


いただいたのはこちらの「ムース・モンブラン」と名付けられたケーキ。下の部分がムース状になっていて、間にベリー系のジャムが入ってました。栗とベリーの組み合わせは初めてだったけど、マッチしてて美味しかったです。栗ペーストの下にはさくさくのメレンゲもあっていろんな食感が楽しめるケーキでした。(たぶん)サービスでつけてくれたであろうチョコももちろん美味しかったです。こちらチョコレートでも有名なお店のようです。


こちらはショーケースではなく棚に並んだ板チョコたち。


お茶はこのように鉄瓶でサーブしてくれます。


Christophe Berger

16, Avenue Henri-Dunant, 1205 Genève
Tel: 022 329 12 08
(こちらのブログ(英語ですが)→に詳細が書かれてます。ご参考にどうぞ。)


こちらのカフェを後にして、夫と合流すると、お茶したいとのことで、待ち合わせ場所近くのカフェへ。こちらは中心にあるので、ジュネーブ周辺にお住まいの日本人の方にも有名かと思われます。


店に入ってすぐの場所にあるスイーツコーナーは閉店間近ということもあってもうほとんど残ってなかったです。(食べるつもりもなかったけど。)

ここはお茶が売りのカフェのようで、こちらでも鉄瓶でサーブしてくれます。2人で同じ種類のお茶を頼もうとしたら、ティーポットは一人用の大きさのものだけになると言われたので、別の種類のお茶を注文しました。

お茶の名前は忘れちゃったけど、お花の香りが高く、味もしっかりとしながら濃くなりすぎない美味しいお茶でした。夫の方はアイリッシュ風にウィスキーが入ったお茶で、ほんのりウィスキーの香りもしました。

もう少しゆったりしたかったけど、物腰の柔らかい店員の男性に、「18時閉店で~。」と言われたので、寒空の中に出て行きました。


お店の名前と住所はこの写真にあるとおりで、日本語にすると、「笑うティーポット」。インパクトのある名前で覚えやすい!(と言ってもフランス語の発音は難しいけど・・・苦笑)



最後まで読んでくださってありがとうございます。
1軒目のカフェのケーキ、他にも美味しそうなのいっぱいあってね~。制覇したいです!
クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1