2012-05-13

乙女心を満たす中世の町 "Yvoire"イヴォワール


昨日の土曜日、ずっと行きたかったけどタイミングが合わず行けなかったイヴォワール"Yvoire"に行ってきました。午前と午後にこの近くで用事があり、その合間の短い観光でした。

金曜日の快晴30℃の天気から一転して、曇りのち雨、気温はどんどん下がり12℃という肌寒い日でしたが、忘れかけた?乙女心をくすぐる街並みにすっかり興奮の私。夫が息子ちゃんがいる時には一緒に行かない方がいい、と言ってた理由がよくわかりました。15歳の男の子のテイストじゃないです、ここは。


中世の街並みが残る歴史ある町のイヴォワール。フランスの最も美しい村にも認定されています。

去年訪れたペルージュも中世の町でしたが、イヴォワールはもっと観光地化されていて、お店やレストランもより多く、レマン湖沿いにあるので、ボートで対岸の町(スイスのニヨン)からたどり着くこともでき、その際は下の写真にあるお城が一番に目につき、タイムトリップした気分になるかもしれません。夏の観光シーズンはジュネーブからもボートで行けます。


昨日は途中から雨足が激しくなり、あまりじっくり見ることはできなかったのですが、街並み写真大好きの私には最適なイヴォワール。街並みはあまり撮らなかったので、イメージしにくいかもしれませんが、60枚ほど撮った中からお気に入りをいくつか。


藤の花に囲まれたものに弱い私。


自宅の窓辺をこのようにかわいらしくしようとはそれほど思わないのですが、被写体としてものすごく魅かれます。


”猫立ち入り禁止 スズメにやさしく”と書かれた(おそらく、、)かわいい鳥小屋。


ぐるぐるキャンディが欲しいわけじゃないけど、このデコレーションの仕方には子供も大人もイチコロかも。


自転車のオブジェにはいつも魅かれます。こちらはレストランの看板自転車でした。


雨で残念だったけど、ひとつだけよかったことが。
ちょうどこの週末がカーニバルの期間だったようで、仮面を被ってカラフルな中世の衣装を身にまとった地元の人?たちの行進とも言えぬそぞろ歩きに出会えました。それはまた次回にご紹介します。


イヴォワール観光局(フランス語と英語)
http://www.yvoiretourism.com/accueil_en.html



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると嬉しいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1