2011-08-27

モダンなフレンチレストラン -Le Rectiligne-

結婚式の夜に行ったレストラン"Le Rectiligne"のご紹介。
ヨーロッパのレストランは量が多くてコース料理なんて食べきれないけど、今日は特別なのでランチもほどほどにして臨んだディナー。彼が特別な時にはココ、と以前から決めていたみたい。

ここディボンヌ・レ・バンには一度花火を見に来たことがあったので、このレストランの存在も知ってたけど、利用するのは初めてで楽しみにしていた。彼と私はお魚のコース、彼のご両親はお肉のコースを注文すると、ウェイターの人が「肉のコースは品数が多くて料理の進み具合が魚のコースとかみ合わなくなるので、同じ料理数でメインを肉にしては?」と勧めてくれたのでそのように。彼曰く、いいレストランは料理内容だけじゃなく、雰囲気や流れも考慮するらしい。まさにここはそんな感じ。

まずテーブルにはオシャレに飾ったパルメザンチーズのおつまみ。香ばしいチーズ焼き(表現がよくないけど、、、)でした。そしてBio(オーガニック)のパン。


次にメニューには載っていないスターター。左がスイカなどフルーツのさっぱりした前菜。右はコーンのなかにアンチョビのマリネ。


ここからがメニューに載っていた前菜。
泡の中に隠れてるのはワカメやベルギー産の海藻類。ほのかにしょうゆの味があり、さっぱりして日本人受けしそう。アスパラのアレンジの仕方がしゃれてます。


次に出てきたのは、えっ、海老フライ??と私だけ大笑い。ソースがココナツソースじゃなかったら間違いなく名古屋名物の海老ふりゃあ~(笑)器が平らじゃなかったのでナイフ・フォークじゃなくてお箸で食べたかった!!もちろん味はgood!


そしてメインは白身魚のトマト風味ソース。ソースはトマトだけじゃない味だったけど、何かは不明。クリームっぽくなく割とさっぱりしてて、豆もあり、私好み。


最後のデザートはマンゴーシャーベットとキャラメル味のビスケットに囲まれたパンナコッタのようなさっぱり系クリームチーズのお菓子。


各皿のポーションがそれほど多くなかったし、味付けがフランス料理らしくなく、さっぱりしたものが多かったので無事完食バンザイ!!

レストラン内部。
この日は暑かったのでみんなテラス席でのお食事。

この町はスイス国境なので、お金持ちスイス人らしきお客様ばかり。この町自体もお金持ちらしい。でもここを毎年の結婚記念日レストランにしたいな。

Le Rectiligne
2981, route Tour du Lac
01220 Divonne-les-Bains
Tel : +33 (0)4 50 20 06 13
http://www.lerectiligne.fr/accueil.php
(フランス語サイトだけど、オシャレな雰囲気は伝わります)

0 件のコメント:

コメントを投稿


UA-68325954-1